Onebox News·

Uberはアメリカでのシェアを失っている

CBS News

ウーバーは長いこと続くスキャンダルの中でアメリカ国内でのシェアを失っている。そして、最悪なことに一連のスキャンダルはウーバーのイメージを作り上げる最大のPRキャンペーンとなっている。セカンド・メジャーのデータによるとウーバーは最大91%に達していたシェアを現在74.3%まで落としている。

···

最大の下落は:就任間もないトランプ大統領がイスラム教徒の入国禁止を目的とする大統領令を発した際にこれに抗議したニューヨークのタクシー組合が空港での営業をボイコットした中、その利益を得るために多数のウーバーが空港に現れた。#deleteUberというハッシュタグで始まった人々のウーバーに対する抗議によってウーバーは多数の顧客を失った。

最大の受益者:このウーバーの一連の醜態によって最大の利益を得たのはライバルのリフトです。ウーバーの落ち込んだシェアのほぼ全てをリフトが呑み込んでいる。そして、リフトは現在も「フレンドリー」を最大の要素としてウーバーの顧客を取り込もうとしている。

なぜ重要なのか:ウーバーのシェアは現在も下がり続け、そのほぼ全てをリフトが取り込んでいます。リフトは明らかにウーバー脅威になっている。