Onebox News·

UberのIPO申請と現状

Bloomberg

リフトの株式公開に続きライドシェアの米国最王手ウーバーは今、待望のIPOを申請している。そして、それは同社の現状を明らかにしている。

···

ウーバーの現状:

  • 売上高は2018年に112億7000万ドルを記録した。これは2017年から42%、2016年から193%の増収です。
  • その内、ライドシェアが92億ドルと大部分を占め、貨物輸送のマッチングサービスのウーバー・フレイトは2018年第4四半期に1億2500万ドルを売り上げた。ウーバー・イーツに関する数字は提供されなかった。
  • 営業損失は30億3300万ドルで前年比26%改善されたが黒字化にはもう少し時間が必要です。純損失は調整後EBIDAで18億4700万ドル。
  • 昨年末時点での現金および現金同等物は64億ドル、また1年以内に返済予定の長期借入金は68億6900万ドル。累積赤字は78億6500万ドル。
  • ウーバーは現在、滴滴出行(中国)の15.4%、Grab(東南アジア)の23.2%、Yandex(ロシア)のタクシー事業の38%を所有している。
  • 内部株主では二人の創業者が筆頭株主でトラビス・カラニックとギャレット・キャンプはそれぞれ、8.6%、6%を所有している。
  • 外部株主ではソフトバンクが16.3%を所有する筆頭株主で、ベンチマーク(11%)、エクスパ(6%)、サウジアラビアの公的投資基金(5.3%)、グーグルの親会社であるアルファベット(5.2%)が続いている。

···

より多くのこと:同社は今回のIPOでアリババ以来(218億ドルを調達)となる100億ドル相当の資金調達を目指している。これは米国の株式公開史上8番目に巨大です。

そしてこれから:売り出し価格は今後数週間で決定する予定で、同社はニューヨーク証券取引所にティッカーシンボル『UBER』として登場する予定です。