トランプ大統領の弁護士とロシアの関係

Onebox News·

Washington Post

ロシア調査におけるトランプ大統領の個人弁護士を務めるマーク・カソウィッツはクレムリン(ロシア政府・プーチン大統領)の影響下にあるクライアントを持っているとワシントンポストが伝えている

裁判所の記録によると:

  • ロシア貯蓄銀行:同国最大の国有銀行
  • オレグ・デリパスカ:プーチン大統領に近い新興財閥トップ

などが、カソウィッツのクライアントとして存在していることが確認されている。ワンボックス・ニュースは彼にコメントを要請したが応じなかった。

···

なぜ彼が選ばれたのか:なぜ大統領はロシア疑惑の弁護士にクレムリンの影響下にあるクライアントを持つ弁護士を起用したのだろうか。カソウィッツは大統領の弁護士になったと発表された2日後にオレグ・デリパスカの会社の弁護士として法廷に現れる予定だったが、当日は彼の事務所の他の弁護士が法廷に現れた。大統領の選択は妥当ではなく、その判断を理解するのは難しい。

重要な過去があります:トランプの元選挙マネージャーであったポール・マナフォートはこのオレグ・デリパスカと関係がある。マナフォートは2006年にプーチン大統領に利益をもたらすアメリカ国内の政治や商取引のためのロビイストとしてロビー会社を通じデリパスカと秘密裏に年1000万ドルの契約を結び、3年間働いたとAP通信が以前伝えている。

NOW WATCH:メルケルは勝利を確実にし首相4選目を決める