Onebox News·

バノンは既にホワイトハウスにいない

Pete Marovich / Bloomberg / Getty Images

週内にも解任が囁かれていたスティーブ・バノン首席戦略官兼上級顧問は自ら辞任することを選び、彼は既にホワイトハウスにはいない。バノンはトランプ大統領が彼を解任することを決めた後に明確な辞任の意思を示し、ハウスの改革を目指すジョン・ケリーと今日がホワイトハウスでの最後の日になることに合意した。

···

タイムライン:トランプ大統領は今日(アメリカ時間金曜日)の早くにバノン解任の意思を固めケリー上級補佐官に伝えた。しかし、バノンの周辺は彼が8月7日に大統領に対して辞表を提出していたと主張する。

バノンの行方:スティーブ・バノンは再び彼が会長を務めていたオルトライト系オンラインメディアのブライトバード・ニュースを率いる可能性があります。いずれにしてもバノンは沈黙しないでしょう。

潜在的な脅威:強烈な右派主義者であるバノンをハウスから取り除くことは潜在的にトランプを支持してきたオルトライト系のメディアの批判に直面する可能性があります。