Onebox News·

上院は白人至上主義への非難決議をトランプに求める

NBC News

ポリティコによると超党派の上院議員グループは近く白人国家主義や白人優越主義者、ネオナチ、KKKなどの白人至上主義団体や憎悪団体を非難する決議案を発表する予定で、これはその後ホワイトハウスへトランプ大統領の署名を求め送られる。

···

主導している:民主党のマーク・ウォーナー、ティム・ケイン、共和党のジョニー・アイザクソン、コーリー・ガードナー。

明確な支持者:NAACP法的防衛&教育基金、市民権と人権に関するリーダーシップ会議、名誉毀損防止同盟

なぜ重要なのか:上院は大統領の署名を必要としない決議を行うことが出来るが、あえて大統領の署名を必要とする合同決議を選択した。つまりこの合同決議には最終的にトランプ大統領の署名が必要であり、上院はトランプに初めて明確な至上主義・憎悪団体に対する非難を行うことを強いる。

フラッシュバック:全てはシャーロッツビルから始まった。