Onebox News·

米上院、フリン前補佐官のロシア証言引き換えの免責要求を拒否

Liberation News

2016年のアメリカ大統領選後に(私人であるにも関わらず)駐米ロシア大使と接触しロシアへの制裁解除などの外交交渉(協議)を行なった件でトランプ政権の前国家安全保障担当補佐官(事件後、辞任。)のマイケル・フリンはロシアとの関係をFBIと上院情報委員会に対して証言をする用意があると伝えた。しかし、それは自身に対する「免責」をし刑事訴追を受けないようにしてくれるのなら、というものだった。

···

トランプ大統領は自身の住処であるツイッターから「これは民主党とメディアによる魔女狩りだ。」とし、マイケル・フリンを免責権を与えるよう要求していた。「話すべきことがあり、状況が許せば、話したいと思っている。」と弁護士を通じて「免責権」を与えるのなら証言をする姿勢を見せていたフリン前国家安全保障担当補佐官だったが、NBCによると上院情報委員会はこの要求を拒否した。

···

調査は進行中であり、必ずしも免責権を排除するものではない。

···

と、現在も調査は続いており、免責権を排除するものではなく、あくまで証言を餌に免責を要求するというフリンの主張を退けたに過ぎない。もちろん、今後の調査の進行状況によっては免責を与える余地はあるということだ。

···

重要な点

  • 大統領は免責要求を支持:トランプ大統領は一連の問題を「民主党とメディアによる魔女狩り。」とし、免責を与えるべきだと主張。
  • 上院情報委員会は免責要求を拒否:しかし、調査は現在も進行中であり今後免責を与えられる可能性はゼロではない。
  • フリンは罪を認めてはいない:駐米ロシア大使との電話については認めているが現時点でフリンが罪を認めるつもりはない。

···