Onebox News·

ライアン議長は法人税率の引き下げ目標を20%半ばに設定

CNN

共和党幹部のポール・ライアン下院議長は共和党が取り組んでいる税制改革の法人税率の引き下げ達成目標を20%半ばに定めていることをNYタイムズの主催する講演会タイムズ・トークで明らかにした。ライアン議長は税制改革が年内に行われるべきだと改めて確認した。

···

なぜ重要なのか:ライアンにとって重要なのは「税制改革を年内に成し遂げること」です。それは共和党が1月のトランプ大統領誕生以来1本も彼の公約である主要な法案を通せていないという焦りから来ている。これ以上の遅れは党員からの批判を招き、来年初頭の中間選挙に悪影響を与える可能性がある。

もう一つの動き:アクシオスによると共和党の保守強硬派で構成されるフリーダム・コーカスは近く新たな税制改革で法人税率を現在の35%から16%までの大きな引き下げを目指すこと計画を発表する予定だという。フリーダム・コーカスのこの動きは年内成立を目指しているポール・ライアン下院議長やミッチ・マコネル上院院内総務にとって大きな障害となる可能性がある。