Onebox News·

モラー前特別検察官は召喚令状を受け議会での証言に同意

AP Photo / Manuel Balce Ceneta

ロシア捜査を主導したロバート・モラー前特別検察官は議会の召喚令状を受けて現地時間7月17日に下院情報特別委員会と司法委員会で証言することに同意した。

···

より多くのこと:下院情報委員会を率いるアダム・シフ委員長(民主党)は両委員会での証言は続けて行われるが「別々のもの」であると述べた。

私たちは考える:モラー前特別検察官は就任後、唯一の記者会見の場で400ページを超える最終報告書に関する質問なしの説明を行い、今後、公の場でこれ以上のことは話さないと明言しており、既に報告書を読んだ人にとって大きな新発見はなくトランプ大統領の弾劾プロセス開始に繋がる可能性は低いですが、彼が公の場で大統領の司法妨害などの事例についての質問により詳細に話すことは世論に対して大きな影響力をもたらす可能性があり、結果として再選を目指す大統領にダメージを与えることでしょう。