Onebox News·

共和党税制改革案の本会議採決は明日へ延期

Onebox News

上院共和党トップのミッチ・マコネル院内総務は今日採決を行わず、明日に延期することを決めた。これは共和党が法案可決に必要な50票を持っていないという明確なシグナルである。共和党議員らは現在も多くの部分で修正を検討しており、一つも採決は行われていない。また、潜在的な反対票であったジョン・マケインは支持を表明したが、未だスーザン・コリンズなどは支持を約束しておらず、共和党は可決に必要な50人の賛成票を持っていない。

···

そしてこれから:本会議はアメリカ東部時間・金曜日の午前11時(日本時間2日の午前1時頃)に再開される。

もう一つのこと:この日、税務合同委員会が上院の税制改革案が10年間で年0.8%の経済成長を加えたとしたとしても1兆ドルの赤字を追加することとなるという結論を発表した後にある。委員会は減税による経済成長で税収が4580億ドル増加するとしており、減税による減収1兆5000億ドルの3分の1が将来的に相殺されるが、赤字は確実に拡大するとしている。