Onebox News·

特別検察官はトランプ陣営の数万通に及ぶメールを入手した

Tom Williams / CQ Roll Call

ロシア疑惑捜査を主導するロバート・ミュラー特別検察官のチームがトランプ大統領の娘婿であるジャレッド・クシュナーを含むトランプの政権移行チームに関連する12のメールアカウントから数万通に及ぶ電子メールを手に入れているとアクシオスが伝えた。このメールは政権移行チームのメールサーバーをホストしていた政府機関のアメリカ共通役務庁から入手したとされている。

トランプ側の弁護士はこれが違法に入手されたものだと主張し返還するように求める声明を発表。特別検察官側は調査に使用されているメールは全て適切に入手されているものだと述べた。アメリカ共通役務庁はコメントを拒否した。

···

より深く知る:これはトランプの当選から大統領就任までの73日間に政権移行チームで交わされた数万件の電子メールのキャッシュであり、ジャレッド・クシュナーや外交政策のチームのスタッフらを含む12のアカウントによるものである。内1件のアカウントには7000通もの電子メールがあった。

なぜ重要なのか:ミュラーは政権移行チーム内部で交わされた莫大なメールを元に捜査における新たな手掛かりを得る可能性がある。

トランプの反応:ミュラーを非難したが、特別検察官の解任について検討していないと述べた。

もう一つのこと:共和党のロン・ジョンソン上院議員はアメリカ共通役務庁に対しなぜ政権移行チームの電子メールを保護しなかったのかについて説明を求めた。複数の共和党議員は政権移行チームのメールが違法に入手されたものだと主張するトランプ側の主張を背景にミュラーに対する批判を強めている。