米国人は政府閉鎖の責任がトランプと共和党にあると考えている

Onebox News·

Independent

昨年、50億ドルの国境の壁建設予算の計上を巡りトランプ大統領と民主党が対立した時に彼はカメラの前で予算が認められなければ国境警備のために自ら誇りを持って政府を閉鎖すると述べたが、最新の世論調査によると米国人の大部分が現在史上最長を更新している政府閉鎖の責任がトランプ大統領と共和党に責任があると答えた。

···

数字で見てみる:

  • 共和党員の68%が政府閉鎖の責任が民主党にあると答え、民主党員の85%がトランプと共和党にあると答えた。全体では53%がトランプと共和党、29%が民主党、13%が両党に同等の責任があると答えた。
  • しかし、一方で国境の壁建設に対する支持は42%に達し、過去1年で8%上昇した。不支持は54%と依然多数派を占めるが同じ過去1年では9%減少している。

残された選択肢:既に下院は民主党が多数党であり、上院でも60票は未だ高いハードルであり、民主党側が折れる可能性は現実的ではありません。下院民主党は壁を含まない予算案を決議するなどして共和党議員に揺さぶりをかけており、共和党も壁を含む予算に対して主体性を持っておらず交渉は専ら民主党と大統領の間にあります。閉鎖を終えるための現実的な選択肢は大統領が予算を取り下げるか、或いは一時的でも問題を先送りすることです。

NOW WATCH:Pandoraの第2四半期は目標を上回る