Onebox News·

ミレニアル世代は今や観葉植物業界の最も有望な顧客層です

Aliza Eliazarov

ミレニアル世代は今や観葉植物業界にとって重要なカスタマーであり、今後さらに重要になる可能性があります。ニューヨーク・タイムズに園芸ビジネスアドバイザーのイアン・ボールドウィンが語ったことによると観葉植物の購入全体の実に31%をミレニアル世代が占めていた

···

その背景を知る:ミレニアル世代は多くが他の世代よりも多額の大学の学業で築いた借金を抱えている。それは彼らを郊外のマイホーム購入から遠ざけ、結果としてより多くのミレニアル世代が都市の賃貸アパートで長い期間、生活しています。環境にも高い関心を持つミレニアル世代は貸家である部屋に緑を取り込む方法としてコストの低い観葉植物を選んでいるのだろうとボールドウィンは述べた。

より多くのこと:2016年の全国ガーデニング調査によるとアメリカ人でその年、ガーデニングを新たに始めた600万人の内、500万人が34歳から18歳のミレニアル世代であった。