Onebox News·

トランプの元顧問弁護士は彼との会話を秘密裏に録音していた

Reuters

ドナルド・トランプの長年の顧問弁護士であったマイケル・コーエンがトランプと不倫関係にあった元プレイメイトのカレン・マクドゥーガルへの口止め料の支払いに関する議論を録音したテープをFBIが入手したとニューヨーク・タイムズが伝えた。この会話は2016年大統領選の2ヶ月前に行われ、テープは4月の家宅捜索で押収された。

トランプの弁護団を務めるルディ・ジュリアーニ法律顧問はニューヨークタイムズに対してこの件について大統領と話し合ったとした上でトランプは録音されていたことは知らなかったがマクドゥーガルへの支払いが最終的には行われなかったと話したと伝えた。

···

なぜ重要なのか:コーエンはこの地球上で誰よりもトランプを知っています。彼は息子のジュニアや娘のイヴァンカよりもトランプの個人的なことから政治的なこと、ビジネスに関することまで誰よりも広い範囲で長年に渡りトランプを知っています。そして、このテープの存在はこれがコーエンの持っていた唯一のテープでない可能性を示唆している。

コーエンの忠誠:コーエンの忠誠はかつてになくトランプから離れつつあります。彼にはトランプのインサイダーの一人として一連の捜査に関連して最低510万ドルを超える法的手数料の支払いを抱えており、トランプがコーエンへの法的手数料の支払いを拒否したことで彼は今後数カ月以内に破産する可能性があります。トランプからの支払いなしにコーエンが生き延びる道はフリン元大統領補佐官などのようにミュラー特別検察官の協力者となるほかありません。

テープの焦点は:司法省はコーエンが2016年の大統領選に先立ちトランプのスキャンダルを封じ込めるため行なった女性たちへの支払いに彼やトランプがどれだけ関与していたかを調べており、このテープは捜査における選挙資金法違反の証拠として使われる可能性があります。