Onebox News·

"末端のボランティア"パパドポロスと英国外交官の会合

Donald Trump at Instagram

大統領選期間中にロシアのクレムリン関係者と接触しプーチン大統領とトランプ候補(当時)との会合を計画し、現在その中での虚偽発言でFBIに訴追され司法取引を行っているジョージ・パパドポロス元外交顧問が選挙期間中にイギリスの外務省職員と実務レベルの会合を行っていたことをBBCが伝えた。トランプはパパドポロスについて末端のボランティア・スタッフに過ぎなかった主張していた。

イギリス外務省はこの件について「通常の外交業務の一貫」であると答えた。誰も知らないような末端のボランティア・スタッフがイギリスの外務省職員と実務レベルの会合を行うことは現実的な話でないということは言うまでもありません。

···

なぜ重要なのか:トランプ側はパパドポロス元外交顧問が訴追されて以降繰り返し、彼が陣営のスタッフの殆どが知らないような末端のボランティア・スタッフだと主張していたが、彼が選挙期間中にイギリスの外務省職員と実務レベルの会合を行なったことは、BBCが主張するように彼が陣営スタッフの誰も知らないような末端のスタッフではないことを証明している。

なぜ否定するのか:パパドポロスは選挙期間中に直接クレムリン関係者に接触し、且つその後もトランプとプーチンの会合を開催するためにロシア側と交渉を行っていた人物であり、彼が陣営の中枢の一員と認めることはロシア疑惑において非常に重要なマイルストーンとなる。

もう一つの側から:パパドポロスが選挙期間中に陣営に提案したプーチン大統領とトランプの会合について虚偽の発言をした疑いのあるセッションズ司法長官は来週、再びロシアに関する証言を行う予定である。