Onebox News·

上院情報委はフリンに2つの新たな召喚状を発動

Carlos Barria / Reuters

ロシア疑惑の渦中にいるマイケル・フリン前大統領補佐官はつい先日、証言台への召喚に対し黙秘権を行使しこれを拒否したが、上院情報委員会はそれに対応するために新たに2つの召喚状を発行した。

この2つの新たな召喚状はフリンの行なっていたビジネスに対してロシア関係者との連絡に関する書類を引き渡すように強制できるもので、この召喚状はフリンが行なっていたビジネスを対象としたものでこれまでのように拒否権を行使することは出来ない強制性を伴うものだ。

···

なぜ黙秘権を行使したのですか:フリンの弁護士は黙秘権を行使し議会への召喚を拒否した理由について「司法省による特別検察官の任命と彼に対して激化する社会の怒り」と述べている。