Onebox News·

日本は2018年に記録的な人口の減少に直面している

Tomohiro Ohsumi / Bloomberg

厚生労働省が発表した最新の人口動態統計によると日本は2018年に過去最大の人口の自然減と過去最低の出生数を経験している。

···

よりスマートに:今年、人口の自然減は44万8000人(前年比5.4万人増)で過去最大を記録、出生数も92万1000人と3年連続で100万人を割り込むと共に前年から2万5000人減少し1899年の統計開始以来過去最少となった。また、死亡者数全体でも136万9000人(前年比2.9万人増)を記録し戦後最多を記録している。

過去を振り返る:16年に日本の出生数は統計開始以来初めて100万人を割り込む98万1000人(前年比2万人減)を記録した。また、自然減も初めて30万人越えの31万5000人と129万6000人を記録した死亡数と共に戦後最多を記録しており、2年の間に出生数は6万人減少し、自然減は13万3000人、死亡者は7万3000人増加するなど日本の出生数の減少と死亡者の増加は加速している。

全体像を捉える:日本は超高齢化社会に直面しており、人口の20%以上が60歳を超えている。現在の総人口は1億2400万人であるが、国立社会保障・人口問題研究所によると総人口は2065年までに8800万人にまで減少すると予想されている

より深く知る:日本の人口減少はより加速している