Onebox News·

連邦地裁はトランプ大統領の財務情報開示訴訟で議会を支持

Gary Cameron / Reuters

ワシントンDC連邦地裁はトランプ大統領の財務情報の開示を求め連邦下院が会計事務所マザーUSAに対して発行した召喚令状の差し止めを求め先月が提起した訴えについて、トランプ側の主張を退け、同氏の会計事務所に対して情報の提出を命じた。

···

なぜ重要なのか:まだ物語は終わりません。大統領は上訴するでしょう。しかし、今回の判決は議会民主党にとって大きな法的勝利です。

過去を振り返る:トランプ大統領は下院の召喚令状が議会の権限濫用だとして先月4月に差し止めを求め提訴した。原告にはトランプ大統領に加え三人の子ども達と一族の事業会社トランプ・オーガニゼーションが加わっていた。

より多くのこと:トランプ家の訴えを退けた連邦地裁はウォーターゲート事件における上院の捜査を例に挙げ、大統領を違法行為などを理由に罷免する権限を議会に与えている憲法が、違法行為を調査する権限を与えていないとは考えられないと指摘し、議会が大統領の利益相反などの可能性などを調べる事は権限の範囲内であると述べた。