Onebox News·

低下するタバコの喫煙率はマリファナとほぼ同様です

John Leyba / The Denver Post

下を続けるタバコの喫煙率は過去75年間で最低値を記録し今やマリファナに近づいています。過去1週間でタバコを使用した成人したアメリカ人は15%で、1950年代の45%から低下を続けており、マリファナを使用したことのあると答えた12%に迫っている。(過去1週間に限定すると8%。)また、アメリカ人の27%は何らかの方法で喫煙をしている。

···

なぜ重要なのか:タバコに関する社会の見方は厳しいものです。アメリカ人の73%はタバコ製品の購入を最低21歳以上に引き上げる考えを支持しており、最も支持の低い19ー29歳でも66%が支持をしている。また、公共の場での完全禁煙(62%)や電子タバコへの規制の強化(64%)も多数的な支持を得ている事から今後も喫煙率は低下する可能性が高い。

より多くの視点:タバコの喫煙習慣には男女差は見られないものの学歴や収入では違いが確認されている。例えば大学に通っていなかった人の過去1週間の喫煙率が20%である一方で大学中退(18%)、大学卒(9%)、大学院卒(3%)と学歴がより高くなると共に喫煙率は低下する傾向にある。また、収入では年収が4万ドル未満の過去1週間の喫煙率は23%であるが4万ドルから9万9999ドルでは16%、10万ドル以上では5%にまで低下する。