Onebox News·

民主党と共和党はオバマケアの暫定措置で合意に達する

TOM WILLIAMS / ZUMA PRESS

共和党のアレクサンダー上院議員と民主党のマレー上院議員はトランプ大統領の低所得者層向け医療補助金に対する保険会社への支払いを停止するという発表を受けての短期的な暫定措置について上院で超党派での合意に達したことを発表した。

トランプ大統領はこの合意を「とても良い短期的な解決策だ。」として支持を表明した上で、オバマケアに代わる新たな制度を共和党主導の元で来年前半までに成立させるべきだと述べた。共和党の重鎮ジョン・マケイン上院議員は「超党派による政策協定推進が増加の兆しにある。」としてアレクサンダー、マレーのこの動きを支援することを表明。

···

合意の主な内容:この短期的な暫定措置はトランプ大統領が支払いを停止すると宣言した低所得者層向けの医療補助金の支払いを最大2年間延長する。

民主党が得た物:オバマケアに基づく補助金の支払い、保険プランへの加入を支援する連邦プラグラムへの資金復活、引き続き健常者と患者で同一の料金とすること。

共和党が得た物:州政府がより多くの医療保険プランを提供できるようにするための柔軟性の拡大。

もう一つの側は:共和党の保守派はこの暫定措置に懐疑的であり、共和党調査委員会委員長のマーク・ウォーカー上院議員は「共和党はオバマケアの廃止または置き換えに焦点を置くべきであり、この救済措置は容認出来ない。」としている。

そしてこれから:最も重要なことはこの超党派での合意を成立させるだけの十分な上院議員の支持者を集められるかどうかです。既に民主党上院トップのチャック・シューマー内院総務はこれを支持しており、またこの合意が比較的民主党の意向を多くくみ取っているものであることから民主党内での支持者を集めることはそう難しいことではないでしょう。共和党ではマケインが支援に乗り出しており、共和党での支持者獲得が重要なポイントとなる。