科学1ページ目

日本の子どもの自殺は過去30年間で最多となっている

日本では現在、より多くの子どもたちが自ら命を絶っている。ニューヨーク・タイムズによると文部科学省が公開した昨年1年間での小学生、中学生、高校生の自殺者数は250人(前年比...

地球温暖化が進むに連れ世界経済はダメージを受ける

ネイチャー誌に掲載された最新の研究は地球温暖化(気候変動)抑制に関する国際的な協定であるパリ協定の目標(1.5度以内)を達成することがそれを達成するために発生するコストを...

以前よりも多くのアメリカ人が肥満になっている

成人のアメリカ人はより多くの体脂肪を絶えず蓄積し続けている、しかも、以前よりもより多くのアメリカ人が。連邦保健局の最新の発表によると2015年〜2016年までの調査で成人...

人類は今世紀末までに世界人口の減少に直面する

国連は人類の人口が2050年までに98億人、2100年には112億人に達するであろうとする見通しを発表した。発表によると現在世界では毎年8300万人ずつ人類は増加しており...

ゾウやカバが滅びウシが地球最大の動物となる遠くない未来

科学誌サイエンスに掲載されたニューメキシコ大学のフェリサ・スミスの研究チームの最新の研究結果によると古代人類のアフリカ脱出から始まる人類の拡散が大型哺乳動物に小型化と絶滅...

最新のニュースを受け取ろう

年老いた兵隊アリは若いアリよりも危険な役割を引き受ける

京都大学が発表した研究報告によると若い兵隊アリが巣の中心部で王や女王を守る近衛兵などの比較的死亡リスクの低い役割を担っているのに対して高齢の兵隊アリは死亡リスクの高い前線...

研究結果:高齢者の定期的な外出は長寿に繋がる

ロイターが伝えたイスラエルの研究者による最新の研究によると高齢者の定期的な外出は「より長い人生に繋がる」と結論づけた。ハダッサ・ヘブライ大学メディカル・センターのジェレミ...

UFOを調査する国防総省の秘密のプログラム

私たちが未確認飛行物体(UFO)や宇宙人について話す時、それは現実的でないと断言する人もいるが国家機関であるアメリカ国防総省(ペンタゴン)はその解明を目指し実際に2200...

日本の人口減少はより加速している

日本の出生数は昨年に1899年(調査開始)以来初めて100万人を割り込み、98万1000人と1974年の半分以下となっている。日本人の数は8年連続で減少し最近の1年で30...

成人期の体重増加は重病リスクを大幅に上昇させる

ハーバード大学の新たな研究結果によると18歳から55歳までの間にわずか(5キロ程度)でも体重が増加すると重大な慢性疾患や肥満に関連するガン、2型糖尿病や循環器疾患などとい...