マクロン新党の歴史的勝利が示すこと

Onebox News·

NBC News

マクロン大統領率いる共和国前進が圧勝することが確実となった。同党は全577議席の内最大で445議席を獲得する見込みで過半数289議席を大幅に上回る。これは1968年に全議席の80%超を獲得したシャルル・ド・ゴール大統領以来だ。

···

今回の選挙の最大の注目点は投票率だ。48.6%を記録し、史上最低となった。マクロン率いる共和国前進を押し上げたのはこれまでの既成政党支持者や若い投票者であり、投票所に行くことを止めた反マクロン派である。結果として投票率は10%近く下がり、マクロン大統領率いる共和国前進の歴史的な躍進を大きく後押しした。

二大政党は破れ特に与党であった社会党は大敗を喫すると見られ、同時にこれまで殆ど力を持つことのなかった国民戦線や屈しないフランスといった極右、極左勢力が進出するが大統領選で30%以上の支持を得ていたルペン率いる国民戦線は支持層の投票率低下から二大政党と同じく敗北した。

新与党である共和国前進の歴史的大勝により議会での実質的なブレーキとなりうる政党が存在しなくなる可能性が高く二大政党であった共和党と社会党は共に第二回投票への参加を呼びかけているが、共和国前進による一強時代になる可能性が高い。

最終的には18日の決選投票を経て最終的な議席数が確定する。

得票率

  • 共和国前進(中道):32.3%
  • 共和党(中道右派):21.5%
  • 国民戦線(極右):13.2%
  • 屈しないフランス(極左):11%
  • 社会党(中道左派):7.4%

議席数(予想)

  • 共和国前進:390〜445議席
  • 共和党:80〜100議席
  • 社会党:30〜40議席
  • 屈しないフランス:10〜20議席
  • 国民戦線:1議席

勝者:マクロン大統領と共和国前進、屈しないフランス(極左)
敗者:二大政党(共和党、社会党)、ルペンと国民戦線

分析:共和国前進は立候補者の52%が政治未経験者であり、候補者は主婦から闘牛士にノーベル賞受賞者など幅広い。このような知る限り先例のない政党がどのような役割を果たして行けるかは全くもって未知数である。

NOW WATCH:ポルシェはEV普及に向け大規模な充電ネットワーク構築を計画