VW、トヨタを抜き初の世界販売首位へ

Onebox News·

Mike Knell

2014年には排ガス不正問題などに直面してきたドイツのフォルクスワーゲン(VW)だが彼らの強さはそんなスキャンダルですら揺らぐものではないようだ。(アメリカ司法省が起こした民事訴訟では1兆5000億円で和解済み)

···

このほどフォルクスワーゲンは2016年のグループ販売台数が前年比より4%近く伸び大台の1031万2400台とし排ガス問題のあった14年以来、2度目の1000万台越えで且つ14年にトヨタが記録した1023万台を超え販売数の新記録を樹立した。(もちろんVWグループとしても過去最高となる。)トヨタは前年より1%ほど落ち込み1009万台となり5年振り首位陥落となった。

経済の失速が著しいブラジルやロシアでのセールには苦戦を強いられたが、欧州や中国などで販売台数を伸ばす結果となったが、それ以上に全体としても好調で、排ガス問題が大きくとりだたされた2015年を除いては2002年から常に前年越えを達成していた。排ガス問題の影響で2015年には前年から2%近く落とし1000万台を切り、993万台となったが僅か1年で回復し38万台以上伸ばした。

···

オバマ政権での和解を目指す、早ければ来週にも

AP / Carolyn Kaster

2014年に勃発し大きな問題として内外に波及した排ガス問題も、先日FBIが不正を主導したとされる幹部を逮捕するなど再びニュースとなったが米ウォール・ストリート・ジャーナルによれば同社はオバマ政権が終わる1月20日まで司法省と和解をする予定で数十億ドルを制裁金として払うとみられており、早ければ来週にも成立を目指している。

大きな問題に直面した同社だが僅か1年で回復を遂げたことからもフォルクスワーゲンの足元は盤石と言えるのかもしれない。

NOW WATCH:AppDynamics、シスコに買収されIPOはキャンセルに

···