排ガス不正問題:VW、米司法省と43億ドルの和解案に合意

Onebox News·

NBC News

トヨタを抜くと共に販売台数の歴代記録を更新したフォルクスワーゲン(VW)が予測が難しいトランプ政権の発足前に現オバマ政権下での和解案合意を目指しているとしたが、早ければ来週にも和解すると報じたが、それはもう少しまで来ているようだ。

···

2014年に起きた排ガス不正問題についてドイツのフォルクスワーゲン(VW)はアメリカの司法省と43億ドル(約5003億円)の制裁金を科す和解案で合意したことを明らかにした。また、和解の条件としてフォルクスワーゲン(VW)は刑事責任を認め、3年間の外部による監視も受け入れる姿勢だ。

これにより同社は一連の問題について正式に成立すれば決着に向けたコストは230億ドル(約2兆6600億円)以上となり、今回の不祥事に関連して既に計上した182億ユーロ(約2兆2200億円)の引当金を上回ることになり、経営にも影響を与えることは避けられないと見られる。

フォルクスワーゲン(VW)社の監査役会と取締役会は近く会合を行い和解案を正式に承認する見通しだ。その後、和解の一環として罪状を認め、不正事実を認定するとみられる。和解案は裁判所による承認が必要となる。

2014年の問題から15年には一旦、落ち込んだものの僅か1年で回復させたことからフォルクスワーゲン(VW)の足元は硬く、問題がこれ以上長引かせないためには(次期トランプ政権まで持ち越すと問題がこじれる危険性をはらんでいる。)この問題を1日でも早く解決することが必要不可欠だ。

NOW WATCH:セラノス創業者が新たな会社の設立を目指し出資を募っている