ベライゾンのヤフー買収は来週までに完了する

Onebox News·

Justin Sullivan / Getty Images

ヤフーという会社が消えるまであと1週間もないようだ。ヤフーは特別株主総会でベライゾンへの中核事業売却を承認した。買収は来週13日までに終了する予定だ。その結果としてヤフーはアリババやヤフー・ジャパンの株式を管理する投資会社へと生まれ変わり、ヤフーの中核事業はベライゾン傘下のAOLと合併しティム・アームストロングの元でOath(オース)として新しい歴史を始める。

買収額は2回の情報漏洩から減額され45億ドルで決着している。ヤフーのマリッサ・メイヤーCEOは事業売却を以って同社を去り、多くの幹部社員も彼女に続き会社を去る予定だ。そして、来週私たちはヤフーという会社の終焉を目撃する事となる。

···

そして、これから:AOLとヤフー中核事業の合併に伴い両社は業務が重複する人事や財務、総務などの従業員1000人以上を解雇する予定だ。これは総従業員の15%に当たる。その後、両社はOath(オース/誓い)としてティム・アームストロングCEOの元で生まれ変わる。

Oathの道:同社はグーグル、フェイスブックというデジタル広告市場の支配者への対抗勢力となることを望んでいる。それは同社がメディア企業であると同時に広告配信事業に最大の焦点を置いていることを示している。

NOW WATCH:ドイツの首相は過去12年間でわずか1人だけ