Uberの売上は回復しているがLyftは躍進している

Onebox News·

CBS News

ウーバーは一連のスキャンダルでウーバーをボコッとする#deleteUberキャンペーンが巻き起こり各地でシェアを落とし、その代替製品として競合のリフトが記録的な成長を遂げたが、あれから1年が経とうとしているがウーバーはスキャンダルによるボイコット・キャンペーン以前までではないが多くの地域で売り上げが回復し、売上全体に関してはライドシェア市場の拡大に伴いキャンペーン以前よりも大きくなっている。

しかし、一方でサンフランシスコやボイコット運動が最初に起きたニューヨークでは昨年の12月以降で売り上げを5%と7%減少させている。同期間にリフトはサンフランシスコで64%、ニューヨークで84%売り上げを伸ばした。特にリフトの成長が著しかったデトロイトでは同期間にウーバーが22%売り上げを伸ばしたのに対して、リフトは161%売り上げを伸ばしている。

···

なぜ重要なのか:最も注目すべき点は昨年12月以降ウーバーがシェアを失ったが市場の拡大に伴い売り上げを15%伸ばしたのに対し、競合のリフトは33%も拡大したことである。これは最近のリフトの初の国際市場への進出に裏付けられるようにリフトはより大きな成長の中にいる。

もう一つのこと:ライドシェアのLyftがカナダへ初の国際進出

NOW WATCH:クシュナーはフリンにロシア関係者への連絡を指示した