フリン前補佐官がトランプとのロシア捜査の情報共有を中止

Onebox News·

Win McNamee / Getty Images

トランプの選挙陣営の一人であり、政権発足前にロシア大使と接触していた問題に関連する嘘の供述で補佐官就任からわずか1月足らずで辞任に追い込まれたマイケル・フリン前大統領補佐官の弁護団はトランプ側の弁護団と行なっていたロシア疑惑の捜査状況の情報共有を打ち切ったとニューヨーク・タイムズが伝え、CNBCやCNNが事実を確認した。

アメリカ陸軍中将や国防情報局長官などを歴任したフリンはトランプの選挙キャンペーンの早期支援者の一人であり、外交政策の経験がないトランプの重要な代理人であり、政権内では国家安全保障担当の大統領補佐官に任命されている。彼はロシア政府とトランプ陣営を結びつけた可能性のある最も重要な人物であり、彼はこれまでロシア捜査の情報をトランプ側と共有してきた。

···

なぜ重要なのか:フリンはいま明らかにトランプと距離を取ろうとしており、それは彼がロシア疑惑を捜査するミュラー特別検察官に協力を始めたか、あるいは司法取引などを含む何らかの取引をミュラー側と行おうとしているという可能性を示唆している。また、CNNはミュラーの捜査において彼の仕事を手伝う息子フリン・ジュニアも法的に処分される可能性があることを父であるフリンが懸念していると伝えている。

フラッシュバック:特別検察官はフリン前補佐官に関する捜査を開始

NOW WATCH:トランプ夫人の両親は連鎖移民で永住権を取得した可能性が高い