トランプの歴史的なツイートがロシア政府と陣営を結びつける

Onebox News·

Rick Wilking / Getty Images

トランプ大統領の歴史的なツイートは大統領選期間中の2016年6月9日に陣営幹部で長男のトランプ・ジュニアがロシア政府と繋がるロシア人弁護士とトランプタワーで会合を行なったことが対立候補であった民主党のヒラリー・クリントンの不利な情報を得るためであったとことを明らかにし両者を結びつけた。その上で「(これは)政治の世界では良くあることで完全に合法的であり、私は何も知らなかった!」との主張を展開した。

このツイートはトランプの長年の顧問弁護士であったマイケル・コーエンが前述の会合の申し出についてトランプ本人がジュニアから直接報告を受けており、彼がこの会合を了承したとの主張を明らかにしたことの後に来た。コーエンはこの報告に同席したとしており、近くロシア疑惑を捜査するミュラー特別検察官に証言を行う予定だという。

ワシントンポストはトランプが息子ジュニアが意図して違法行為を行なったとは思っていないが、彼が意図せず違法行為を行ない特別検察官の捜査対象となっている可能性を心配していると伝えた

···

···

なぜ重要なのか:これはこの問題におけるトランプの理解を知る上で重要な発言です。彼はこの件についてこれまで言及することを避け、周辺の幹部らが会合が「ロシア人孤児の引き取りに関する」ものであるとしていたが、今回のこの発言は彼がそれ以上のことを知っていたことを示している。

トランプへの道:トランプは選挙中もロシアがヒラリーの秘密を持っていることを示唆していた。会合相手であるロシア政府と近い関係にあるロシア人弁護士ナタリア・ベセルニツカヤはジュニアへのメールの中でこの会合の申し出が「トランプに対するロシア政府の支援の一環」だと記述している。

過去を振り返る:会合はトランプタワー内のトランプ・ジュニアのオフィスで行われ、当時の選対本部長であるポール・マナフォートやトランプの娘婿ジャレッド・クシュナーらが同席していた。

トランプは言う:トランプ大統領はその後のツイートでヒラリーと民主党がロシアと共謀していたのは100%確かだ、と主張したがその共謀だったとする内容は彼の息子トランプ・ジュニアとロシアがやったことと全く同じであり、その主張自体が彼が罪を認めていることと同然です。

より詳細に知る:トランプは2016年のロシア人弁護士との会合を事前に知っていた

NOW WATCH:Amazonは食材キットの提供を始める可能性がある