トランプ大統領、次期FBIにクリス・レイを指名へ

腹心だったクリスティ元知事のブリッジゲート事件での弁護士

Onebox News·
トランプ大統領、次期FBIにクリス・レイを指名へ
ABC News

トランプ大統領は自身のツイッターの個人のアカウントで次期FBI長官にクリス・レイを指名すると発表した。ただ現在も政権指名が遅れているトランプ政権でレイもこれから上院からの承認申請が必要となる。

···

クリス・レイはブッシュ大統領時代の2003年〜05年に司法省刑事部門で司法次官補を務めた。担当は企業詐欺。司法省を去った後は弁護士として活動し、トランプの政権移行チーム責任者だったクリス・クリスティがニュージャージー州知事時代に起こした政治スキャンダル「ブリッジゲート事件」ではクリスティの弁護士を務めた。

クリス・レイが受けた大統領との最終面接にはもう一人、ジョン・ピストル前FBI副長官がいた。ピストルは現在、ロシア疑惑を調べているミュラー特別検察官のFBI長官時代の直属の部下(副長官)であり、解任されたコミー前FBI長官の親友でもあった。長いFBI勤務歴を持ち、副長官まで歴任した彼が指名されず司法省出身者とはいえ企業詐欺を担当していたクリス・レイが指名されたのにはこの関係が影響した可能性が高い。

ただ、「ピストルを除けば」今回の選択は間違ってはいない。あくまでピストルを除いて考えた場合だが。また、レイは共和党に対して過去10年間で少なくとも3万5000ドル以上を寄付している。

思い出してみましょう:

···

クリス・レイ(元司法次官補)

  • 2003年から2005年までブッシュ政権下で司法省刑事部門の司法次官補を務めた。
  • 2005年に司法省を去った後はキング&スパルディング法律事務所のパートナーとなった。
  • 重要な点:レイはトランプの政権移行チームの責任者でその後、解雇されたクリス・クリスティ元ニュージャージー州知事が州知事時代に起こした政治スキャンダル「ブリッジゲート事件」でクリスティの弁護士を務めていた。

もう一人の候補者ジョン・ピストル前FBI副長官についてはここから確認してください。

NOW WATCH:『雨に唄えば』のデビー・レイノルズ死去、娘フィッシャーの死の翌日

···