トランプはアラバマ選挙での敗北を予想していたと主張

Onebox News·

via Vanity Fair

アラバマ州で共和党が25年ぶりに上院議員の議席を失ったことは議席数が拮抗する議会においてそれ以上の意味を持つが敗れた共和党候補ロイ・ムーアを支持していたトランプ大統領はムーアの敗戦の後、自身がこの出来事を予測していたという主張を展開した

···

私が元々ルーサー・ストレンジを支持したいたのは、ロイ・ムーアが民主党候補との本選で決して勝てないと分かっていたからだ。やはり私は正しかった!ロイも頑張ったが彼には不利なカードが積まれていた!

···

背景:トランプは当初、司法長官に就任したことから議員を辞任したジェフ・セッションズの任期を引き継いでいたルーサー・ストレンジを支持していたがストレンジは共和党予備選において得票率38.9%のムーアに6.1ポイント差で敗れている。トランプはストレンジ敗北後はスティーブ・バノンや共和党全国委員会と同様にロイ・ムーアを支持し彼の選挙活動を支援していた。

だが:トランプはストレンジが共和党予備選でムーアに敗れた後、彼への支持を表明していた3件のツイートを削除している

ロイ・ムーアの主張:選挙で敗北したはずのロイ・ムーアは自身は決して負けてなどおらず敗北は認めないと宣言。これはフィクションではありません。

NOW WATCH:トランプ大統領はスカラムッチ広報部長をわずか10日で解任