トランプは白人至上主義を非難する決議に初めて署名

Onebox News·

Reuters / Jonathan Ernst

トランプ大統領は上院から送られてきたシャーロッツビルで起きた「暴力と国内テロ攻撃」を非難する決議にサインした。これは彼が明確に白人国家主義や白人優越主義者、ネオナチ、KKKなどの白人至上主義団体や憎悪団体などを否定していることを示している。

···

ここまでの流れ:民主党と共和党の超党派の議員たちはシャーロッツビルで起きている暴力を「双方に責任がある」と主張する大統領に対して、初めて明確にこれを非難することを要求していた

そのタイミング:これはシャーロッツビルでの暴力が「双方に責任がある」とトランプ大統領が再び主張したわずか数時間後のことである。

なぜ重要なのか:このタイミングでの署名はトランプが白人至上主義やネオナチあるいはKKKといった憎悪団体とそれに反対するカウンターの人々を同一視しているというもう一つの疑問と可能性を生む。

NOW WATCH:セラノス、アリゾナ研究所も免許停止