大統領は特別検察官の解任を検討している

Onebox News·

NBC News

トランプ大統領はコミー前FBI長官の解任から今度はロシア疑惑を捜査するミュラー特別検察官の解任を検討していると、彼の長年の友人であるニュースマックスのクリストファー・ルディーCEOが話したことをアメリカ公共放送サービス(PBS)のジュディー・ウッドラフが伝えた

···

彼はその選択の重大さを推し量っていると思う

···

ルディーはそう話した。スパイサー報道官はトランプ大統領とルディーが直接あっていないことを確認した上で「答えることができるのは大統領とその弁護士だけだ。」と話している。それが完全なる事実であるかは分からない。少なくとも彼の長年の友人はそう言っている。そして、このアイデアが壊滅的かつロシア疑惑を次のレベルに押し上げるだけのものであるということだけは間違いない。

解任はありえますか?:現実的な選択肢ではない。しかし、トランプの判断は時に我々の知識(或いは常識)に反した場所にある。誰もが彼の道理にそぐわない判断を予測することは出来ない。だが、自身が行おうとしていることを推し量っているとすれば、これがコミーを解任した時以上に大きな意味を持つことは歴史をみても明らかである。特別検察官の解任は彼の大統領としての道を打ち消すだけの壊滅的な選択肢であり、ほぼ全てのホワイトハウス・チームはこれを止めるよう説得を行うだろう。だが、彼の強烈な衝動性は時にあらゆる利害を超えた場所にあることだけは確かである。

NOW WATCH:ロシア疑惑元捜査官は大統領選中にトランプをバカと呼んだ