トランプは誤った情報を元にカナダ首相を口撃する

Onebox News·

Kevin Lamarque / Reuters

事実は正しい議論を行う上で最低限必要なものであり、誤った情報の元に全ての議論は成り立ちません。そして、今回カナダのトルドー首相との電話会談でトランプ大統領は誤った情報を元に彼に口撃を加えた。

会談でトルドー首相はアメリカが国家安全保障上の問題との理由でカナダの鉄やアルミニアウム製品に対する関税をかけることへの正当性を問い、関税を止めるように求めたところトランプ大統領は次のような言葉をトルドー首相へと投げかけた。

···

君たちは(1812年に)ホワイトハウスを焼き払ったじゃないか?

···

それは事実ではない:ホワイトハウスを焼き払ったのは間違いなくカナダではありません。ホワイトハウスが焼き払われたのは1812年であり、カナダが建国されたのはそれから半世紀も後の1867年です。実際にこの事件を起こしたのは未来から来た可能性のあるカナダ人などでなく当時のイギリス軍です。そして、この攻撃は当時米英戦争中でのアメリカ軍による当時のイギリスの植民地オンタリオ州ヨーク(後のカナダ領)への攻撃の報復として行われました

NOW WATCH:SoundCloudは生きるために40%のレイオフを決行