トランプは中間選挙で上院を失うという悪夢に近づいている

Onebox News·

Daily Intelligencer / New York

共和党が今年11月の中間選挙で上院における多数派を失う可能性が叫ばれて久しいが共和党の有力者がトランプ大統領が上院を失うという本当の悪夢に直面する可能性があるとアクシオスに述べた。

共和党のロビイストは中間選挙で上院の議席数が現状の共和51:民主49から50:50、あるいは共和49:民主51となる可能性が高まっていると述べ、共和党が上院で多数派を確保し票が割れた際に決裁票を投じる権限のある議長席を確保することが従来になく難しくなっているとの見方を示した。

···

何を意味するか:それは民主党が議会で多数派を占めたことによりトランプ大統領の弾劾手続きが大きく近づくことを意味します。また、野党である民主党が多数派となることでより大統領に対する議会の監視はより強化され議会が大統領に与える影響力は格段に拡大することでしょう。

なぜ重要なのか:中間選挙は本来多数派の維持を目指す共和党にとって非常に有利なものです。上院100議席の内35議席が改選される予定でその内訳は共和党9議席、民主党26議席であり議席を維持することは民主党以上に容易なはずですが、その中で党内でより弱気な考えが広まっていることは同党が直面している近い未来への大きな不安を的確に示している。

より詳細に知る:改選される現職の共和党上院議員の中で2016年大統領選でクリントンの勝利した地区にいる議員はわずか1人であり、大統領選でトランプが勝利した州で再選を目指す現職の民主党上院議員は10人に上る。その中で多数派を失う可能性に直面していることはこのような選挙区でかつてトランプに投票した人々が共和党を離れている可能性があることを示している。

クルーズの受難:2016年大統領選で共和党候補として出馬したテッド・クルーズは再選を目指しているが民主党候補のベト・オルークはクルーズが第1四半期に調達した額の倍の金調達を行なっている。オルークと同様に多くの民主党候補者や現職議員はかつてないスピードで選挙資金を調達している。そして、クルーズの行方は共和党の選挙を見る上で重要な指標になるでしょう。

NOW WATCH:トランプ側のフリン前補佐官の証言の信頼性を攻撃する計画