トランプ大統領の主張する新たな陰謀論

Onebox News·

Win McNamee / Getty Images

トランプ大統領は大統領選期間中に2005年にテレビ番組の撮影のための移動中のバスの車内で司会者であるブッシュ元大統領の従兄弟ビリー・ブッシュとの会話の中で女性に対する複数回に渡る卑猥かつ差別的な発言を収めたテープが流出し、翌日ビデオでテープの声が自身であることを認めビル・クリントン前大統領は自分よりももっと悪い人間だと付け加えた上でテープの発言を謝罪していたが、大統領となったいまトランプはこのテープの声が自分ではなくこれが何者かによる陰謀だという新たな主張を突如として始めた。

ホワイトハウスはこの発言の後押しを行わなかった。

···

その問題のテープ:

フラッシュバック:彼はオバマ前大統領の出生証明書が偽造されたものであるとの主張や2016年の大統領選で一般投票数でヒラリー・クリントンに敗れたのは違法に数百万人規模の投票がなされたためだというお気に入りの陰謀論を現在までも主張しているが、現時点でそれを証明するものは一切ないがトランプはこれには大きな陰謀が隠れているのだという。

よりスマートに:トランプが事実を自分が作った事実とすり替えようとすることは彼の人生における長年の習慣の一つであり、彼のライフワークのようなものです。

NOW WATCH:ボストン・ダイナミクスのアトラスにはバク宙が出来る