テスラは2018年中に黒字化する可能性がある

Onebox News·

Tesla

電気自動車のマーケット・リーダー的存在であるテスラは2017年第4四半期で32億9000万ドルを売り上げ予想を3000万ドル上回り、純損失は6億7540万ドルと前年同期の1億2100万ドルを大きく上回った。EPSは3.04ドルのマイナス(予想:3.15ドルのマイナス)だった。また、同期における売上成長率は前年同期比で+43.9%となった。

全体として同社の2017年第4四半期はアナリストの予想を上回る結果となった。

···

主要な数字(通期):

  • 総売上:118億ドル(前年比55%増)
  • 純損失:24億ドル(前年7.73億ドル)
  • FCF:35億ドルのマイナス(前年14億ドルのマイナス)

···

より多くの事:テスラは第4四半期中に28425台のモデルSとモデルX、1542台のモデル3を納車した。同社は3000台のモデル3生産を目指していた。テスラは2018年第1四半期末までに毎週2500台、第2四半期までに毎週5000台のモデル3生産を目指している。

重要なサイン:同社は2018年中に営業利益が黒字に転換するとの見方を示した。テスラは遅れているモデル3への対応から現在も多くの現金を燃やし続けており、同社は2017年だけで20億ドル以上の現金を失っている。

NOW WATCH:ユニコーンに陰り?最初のテック企業は時価総額4億ドルダウンでIPO