税制回改革は米国企業の4000億ドルの海外現金を呼び戻す

Onebox News·

Chip Somodevilla / Getty Images

トランプの大統領就任以来、初めての立法場の勝利である共和党税制改革はアメリカ企業が海外に留めている多額の現金を国内に呼び戻す可能性があるとウォール・ストリート・ジャーナルは分析している。WSJによると税制改革に含まれるアメリカ企業の国外に留まる現金を国内に呼び戻す際に一度だけ課税する送還条項によって4000億ドルの現金がアメリカに戻ってくる可能性があるとしている。

最終的な税制改革では本国へ送還される売り上げや現金に対して15.5%を課される。これは当初の14%よりは高いが、これまでの35%よりかは大幅に低い。国外に巨大な資金を留めている企業の代表格であるアップルのクックCEOはビジネスウィークでのインタビューで15%から20%が妥当であると答えていた。つまり、それは今後アップルの現金が戻ってくる可能性が高いことを示唆している。

···

なぜ重要なのか:これは多くの大企業が求めていたものです。従来の35%の税率の存在から多くのアメリカ企業は現金を海外に留めていた。そして、税制改革が成立した今その多額の現金が国内に戻ってくることは確実であり、その場合には企業らはドル建てをするためにドルを購入する必要があるためドルは今後上昇する可能性があり、それは株価の上昇をもたらすでしょう。

もう一つのこと:バンク・オブ・アメリカの調査によると本国に送還した現金をどのように使うかというアンケートでは65%が債務の返済と答え、46%が少なくとも一部を自社株買いに使用すると答えた。42%がM&A、35%が設備投資と答え債務の返済が過半数を占めた。

NOW WATCH:どん兵衛はラッセンがお好き ラッセンの描き揚げ講座