スパイサー大統領報道官は更迭される可能性がある

Onebox News·

NBC News

ホワイトハウスはスパイサー大統領報道官の役割を変更させることを検討している、とブルームバーグが伝えている。スパイサーは現在の大統領報道官兼コミュニケーション・ディレクターからシニア・コミュニケーション・ディレクターへの異動が検討されているという。

ちょっとまって:この噂は数週間前からワシントンで言われてきました。けれど大統領は現時点でまだ最終判断を行なっていません。しかし、検討しているということはスパイサーの今後に何らかの動きがある可能性を示しています。

確認すべき事実:5月末に行われたトランプ大統領のバチカン訪問の時、敬虔なカトリック教徒であるスパイサーはローマ法王に会える事を楽しみにしていた。法王と会うことはスパイサーのバケツリスト(死ぬまでにやりたいことリスト)の重要な一つであり、彼はそれが達成出来ると考えていた。だが、最終的に彼は訪問団のメンバーから除外され、その不満を同僚に漏らしている。

NOW WATCH:公約で見るトランプ大統領の100日