Spectaclesは既に減収を始めている

Onebox News·

Spectacles

親会社であるスナップが再びアナリストの予想を下回る第2四半期決算を発表する中、不思議なサングラス型ウェアラブル端末のスペクタクルスは世に出たわずか半年ほどで既に減収を始めている。

···

スナップの最初で唯一のハードウェアラインとして昨年末にデビューしたスペクタクルスはスナップボットと呼ばれる不思議な自販機によって購入できるというものだった。(その後、店舗をオープンし現在はオンラインでも購入出来る。)スナップチャットで送るビデオを撮影出来るこのサングラスは一部のスナップチャット・ユーザーと好奇心あふれる人々を惹きつけたが既にそれは沈静化しつつある。

その他に分類されていた売上は前四半期の830万ドルから530万ドルに減収した同端末は130ドルなので4万1500個程度を売り上げたと見ており、これは前四半期の6万4000個から約35%減ったことになる。

···

不確実性:同社のハードウェアは多くの人々を惹きつけ続けられるほど魅力的なものではないようだ。同社はスナップチャットという社名からスナップという名に変えて「カメラ企業」を自称するようになった、それはスペクタクルスなどのハードウェアが同社にとって単なるサイドラインではないということを示すには十分だった。グラス型ウェアラブル端末はグーグルなど他社も開発を進めているがいずれも苦労しており、普及しているとは到底言えず、この現状はこの市場の存在の不確実性を示しています。

警告:今後もスペクタクルスの売上は(特に米国では)落ち込む可能性があります。同社はこのデバイスの関心を取り戻し、人々の生活の一部に組み込む為には大きな変更を加える必要があるでしょう。そうでなければ同社のハードウェアラインは混迷の中にいる同社に新たな問題となるでしょう。

スナップ社の第2四半期はこちらを確認ください。

NOW WATCH:司法副長官は特別検察官の解任を拒否する