セコイアは50億ドルの巨大ファンドを準備している

Onebox News·

SEQUOIA

アップルからグーグルなどの投資でも知られるシリコンバレーの名門ベンチャー・キャピタルであるセコイア・キャピタルは新たに50億ドルから最大で60億ドル規模の巨大ファンドの準備を進めているとリコードが最初に伝えた。これは2015年に20億ドルを集めたグローバル・グロース・ファンド2に続くものである。ファンドの資金は2018年第一四半期に集められる予定。

···

巨大化の背景:グローバル・グロース・ファンド3と呼ばれるこの巨大ファンドの設立の試みの背景に1000億ドルの世界最大のテクノロジーファンドのソフトバンク・ビジョン・ファンドの存在があるのは間違いない。だが、しかしそれは巨大ファンドに対抗し自らも巨大なファンドを作ろうとしているというだけの単純なものではない。

では、なぜ今:幾ら50億ドルという巨大な資金を集めても1つの投資に数十億ドルを投じることさえあるソフトバンク・ビジョン・ファンドと資金量で競うことは不可能です。だが、セコイアの既存の投資先企業らが大きな資金調達を目指した場合に1社で巨大な資金を投じることの出来るソフトバンクは魅力的な存在である一方でその資金量を背景に大きな影響力を持ちすぎる事を心配するCEOらにとってセコイアの新ファンドは資金を確保しながらもソフトバンクの影響力を最大化させずに済むことの出来る存在であるという視点で見た場合、重要な存在となるでしょう。実際、ソフトバンクの投資のいくつかでは主導権を得るまでの株式の取得を試みたケースが存在する。

より深く知る:ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資先リスト

NOW WATCH:バージニア州議会選で民主党候補が共和党候補を1票差で破る