共和党ライアン下院議長はオバマケア暫定措置への反対を表明

Onebox News·

Gage Skidmore

共和党下院のトップであるポール・ライアン下院議長は共和党のアレクサンダー上院議員と民主党のマレー上院議員が発表したオバマケアの短期的暫定措置に関する超党派合意について、反対するとの立場を示した。ライアンの広報担当者はアクシオスに対して「上院議員はオバマケアの廃止・置き換えに焦点を当てるべきである。」と述べた。

···

なぜ重要なのか:これまでの焦点はこの超党派の合意が上院で可決に必要なサポーターを集められるかどうかにありましたが、共和党の下院トップであるライアンの反対表明は法案の大きな後退を意味すると共にこの暫定措置に対する状態をより複雑にする。

もう一つのこと:トランプ大統領は前日に共和党のアレクサンダー、民主党のマレーの両上院議員のオバマケアの短期的暫定措置に関する超党派合意を支持していたが、今日になってそれを支持を取り下げることを発表した。理由としてオバマケアで利益をあげた企業が再び利益を受益することを容認できないからだとしたが、この暫定措置を主導した共和党のアレクサンダー上院議員はこの大統領の発表の前にトランプ大統領自身がこの暫定措置の策定に深く関与していることを述べていた。

より深く知る:民主党と共和党はオバマケアの暫定措置で合意に達する

NOW WATCH:ロシア疑惑捜査は少なくとも2018年まで続く