司法副長官は特別検察官の解任を拒否する

Onebox News·

AP

ローゼンスタイン司法副長官はロシア疑惑を捜査するミュラー特別検察官を検討しているというトランプ大統領の友人クリストファー・ルディーの話について言及した。

···

彼を解任すべき理由が存在しない

···

ローゼンスタインは、もし大統領がミュラー特別検察官の解任を要求した場合もこれを拒否するとした。セッションズ司法長官がロシア疑惑の渦中にいる現在、ミュラー特別検察官を解任できるのは大統領ではなくローゼンスタイン司法副長官ただ一人だ。

また、ローゼンスタインは現時点でルディーが話していたようなトランプ大統領によるミュラー特別検察官の解任について「私が知る限りでそのような話はない。」と付け加えた。

ローゼンスタインの逆襲:ロシア疑惑への関与疑惑から捜査から手を引いたセッションズ司法長官に代わり、ローゼンスタインは両党から信頼の厚いミュラー特別検察官を任命した。その話は相談されることなく彼の主導で行われた。ローゼンスタインは責任者としてミュラー特別検察官から直接報告を受ける立場にあり、そして、彼がミュラー特別検察官を解任できる唯一の人間である。忠実な司法省職員である彼は間違いなくトランプ側にいない。

···

特別検察官解任検討の第一報を確認:

NOW WATCH:ピーター・ティール、カリフォルニア州知事選への参入を検討

···