アルパイオに対するトランプ大統領の恩赦への反応

Onebox News·

Scott Olson / Getty Images

人種差別主義に基づいた不当な取り締まりや拘束を続けたことで有罪判決を受けたジョー・アルパイオに大統領が恩赦を与えたことはシャーロッツビルから始まった混乱をより加速させることでしょう。

アルパイオは18年に渡り保安官を務め、その中で保安官に不法移民を取り締まる権限がないにも関わらずラテン系不法移民を教鞭に取り締まり、スペイン語を話せるという理由のみで不法移民の疑いをかけたり罰するなどの行為を繰り返し、2011年に裁判所からラテン系移民の差別を禁ずる裁判所命令を受けたがこれを無視し法廷侮辱罪で7月に有罪判決を受けている。

···

各方面の反応:

  • ポール・ライアン(共和党/下院議長):「大統領の決定に同意していない。」
  • ジョン・マケイン(共和党):「法の支配の尊重に対する彼の主張に反している。」
  • ジェブ・ブッシュ(共和党):上記の発言を経て、「彼(マケイン)は正しい。」
  • チャック・シューマー(民主党/院内総務):「差別を禁止する裁判所の命令に違反した人物に恩赦を与えた。」
  • サリー・イエイツ(前司法長官代行):「この恩赦は大統領の憲法や裁判所、そして平等と正義の創設の原則に対する軽蔑心を明らかにする。」
  • アメリカ自由人権協会:「恩赦は人種差別主義に対する大統領の支持である。」

少なくとも:今回の恩赦は与党・共和党、野党・民主党のいずれからも受け入れられているものではない。

フラッシュバック:アルパイオは2016年のアメリカ大統領選でいち早くドナルド・トランプを支持、支援した人物でもある。また、アルパイオは当時のオバマ大統領が出征証明書を偽造していると主張し、ドナルド・トランプと共にオバマ大統領への攻撃キャンペーンを主導していた。

ジョー・アルパイオを知る:

NOW WATCH:成人期の体重増加は重病リスクを大幅に上昇させる