地球温暖化が進むに連れ世界経済はダメージを受ける

Onebox News·

Reuters / Stringer

ネイチャー誌に掲載された最新の研究は地球温暖化(気候変動)抑制に関する国際的な協定であるパリ協定の目標(1.5度以内)を達成することがそれを達成するために発生するコストを上回る数十兆ドルの経済効果をもたらすことを明らかにしている。つまりそれは逆説的に地球温暖化(気候変動)が進むということは私たち人類がより多くの経済的な損失を被るということを意味します。

調査は1960年から2010年までの165ヶ国の気候の変動と経済生産との歴史的関連性について検証した。

···

よりスマートに:スタンフォード大学の研究者らが発表した研究は温室効果学の増加などにより地球温暖化が進むに連れ、多くの国の経済生産が低下していた。世界での平均気温が工業化前から2〜4度上昇した場合、アメリカ、中国、日本などの経済大国ですら大きな影響を受けるだろう。

しかし、温暖化が進んだ場合に最も大きな経済的なダメージを被るのは熱帯地域に位置する貧困国です。そして、逆に地球温暖化で恩恵を受けることが出来るのはロシアやカナダにアイスランドや一部の北欧諸国だけだった。殆どの国は経済的な代償を支払うことを避けられません。

なぜ重要なのか:地球温暖化対策は経済の敵などでは決してありません。むしろ地球温暖化対策は経済対策と直接的に結びついており、投資するに値する分野です。温暖化は特に経済的にひ弱な貧困国を襲い貧困が推し進められ、更に多くの問題を生み出す可能性があります。

よりポジティブ:しかし、パリ協定の目標が達成されたならば世界は30兆ドルの経済的恩恵を得ると共同研究者でスタンフォード大学のエコノミスト、マーシャル・バークは述べている。つまりパリ協定の目標数値1.5度以内を実現し地球温暖化(気候変動)を抑制することで私たち人類は温暖化により発生する数兆ドルのコストを削減することが出来ます。

留意すべきこと:はい、しかし調査は未来の不確実性を認めています。それは人類が気候変動に対応するような技術的な革新を起こす可能性などです。しかし、現在時点でパリ協定の目標を達成することが将来的な経済生産の損失を防ぐ最善の手立てであることは変わりありません。

NOW WATCH:WeWorkは2018年に23億ドルの売上げを見込んでいる