トランプ税制改革は思ったよりも経済成長に結びつかない

Onebox News·

Andrew Harrer / Bloomberg

無党派のシンクタンク・責任ある連邦予算委員会の最新のレポートはトランプ税制改革が実現した場合でも共和党のミッチ・マコネル院内総務が主張する年間成長率0.4%を追加することは困難であり減税により失われる税収1兆4000億ドルをカバーすることは難しいと伝えた。

マコネルが主張する年0.4%はトランプ大統領の主張する年1%と比べると控えめな数字に見えるが同シンクタンクはこれが現実的な数字ではないとした上で現実的には年0.03%から0.09%程度に留まるであろう試算している。これは税務政策センターの伝えた試算の年0.03%と一致しており非常に有力な数値であると言える。過去の税制改革案の政府見積もりで年0.4%を超えるような大きな変化が示されたケースは一度もない。

···

もう一つの問題:また、責任ある連邦予算委員会はもし仮にマコネル院内総務の主張する年0.4%という非現実的な数値が実現されたとしても減税で失われる税金をカバーするには不十分であると指摘している。

なぜ重要なのか:この最新の報告は減税が予想よりもずっと小さい経済成長にしか結びつかない可能性を示し、大きな経済成長を前提に作られているこの税制改革の意義そのものを脅かすものです。そして、それは赤字の拡大を懸念するボブ・コーカーやジェフ・フレークなどの共和党議員が法案に反対票を投じる可能性を示している。

税制改革の現状:トランプ税制改革における共和党の不安定な現状

NOW WATCH:Twitterはより長いツイートをテスト中