電気自動車は2050年までに新車販売の95%を占める

Onebox News·

Jens Wolf / AP

バンク・オブ・アメリカの最新のレポートによると電気自動車は特に2020年代からより大衆的な普及を見せ2030年までに新車販売台数の40%、2050年頃には95%を占めるであろうと結論づけた。

また、電気自動車の普及などにより石油需要は2030年頃にピークを迎えると続けている。

···

なぜ重要なのか:電気自動車の普及などが近い将来、石油需要を低下させるという最新のレポートは今後の石油産油国の財政的な問題と直結する非常に重要な事柄です。

その不確実性は:はい、バンク・オブ・アメリカはこのレポートが電気自動車の今後の普及という非常に不確実性の高い事柄について取り扱っていることを認めている。しかし、この野心的な報告書は昨年11月に伝えたウッド・マッケンジーの燃費の向上と電気自動車の普及により世界のガソリン需要が2030年までにピークを迎えるという報告書と一致する。

別の報告書から:世界のガソリン需要は2030年にピークに達する

NOW WATCH:上院情報委はフリンに2つの新たな召喚状を発動