ポケモンGoは登場から2年で18億ドル以上を売り上げた

Onebox News·

Pokemon

センサータワーのレポートによると2年前の2016年7月6日に鳴り物入りで現れたスマートフォン向けゲームのポケモンGoは今や1億4000万人の月間アクティブユーザーと18億ドルを超える収益を得ている。

···

18億ドルの内訳:国別での売上高はトップがアメリカで6億700万ドル(全体の34%)占め、次いで日本の5億ドル(同28%)。3位がドイツの9600万ドル(同5%)、4位が英国の7700万ドル(同4%)、5位が台湾の4800万ドル(同3%)だった。

プラットフォーム:また、プラットフォーム別ではグーグル・プレイが売上全体の58%、アップストアが42%を占めた。

なぜ重要なのか?:ポケモンGoは未だ根強い人気を持っており、課金要素の少ないゲームであるにも関わらず記録的な収益を得ています。7月6日の時点で米国や英国、ドイツなど21ヶ国でトップセールスのトップ10にランクインしており日本でも14位にランクインしている。もちろんこれはモバイルゲームにおいて前例のない成功です。そして、同社はそう遠くない内に新たにハリーポッターのARゲームを送り出す予定です。

フラッシュバック:ポケモンGoは昨年6月末時点でリリース以来12億ドル以上の収益と6000万人の月間アクティブユーザーを抱えていた。

そして、これから:ポケモンGoは完成していません。現在もアプリは拡張・改良を続け、今年には各国で多数のイベントが開けれ第四世代ポケモンや新たな対人戦機能レベルキャップ40以上への拡張などの実装を予定している。

NOW WATCH:トランプは白人至上主義を非難する決議に初めて署名