1審は朴槿恵前大統領に懲役24年の実刑判決を言い渡す

Onebox News·

AP

韓国のソウル中央地裁は6日財閥からの収賄や職権乱用などの合計18の罪に問われていた朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対して16の罪で有罪判決を下し同氏に対して懲役24年の実刑判決と180億ウォン(約18億円)の罰金を言い渡した。検察側は30年、1185億ウォンの罰金を求刑していた。

判決に先立ち朴槿恵前大統領の釈放を求める支持者らが裁判所外で抗議運動を行なった。

···

有罪となった物:有罪となった罪状の殆どが収賄と強要に関するもので、地裁は朴元大統領が親友の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀してサムスンやロッテなどの有力財閥に対して崔被告の財団に何百万ドルもの寄付をするよう圧力をかけたと述べ、また、朴元大統領が財閥らに対して崔被告が所有する企業に大きな利益をもたらす取引や崔被告とその娘への贈り物を行うよう強要した続けた。そして、朴元大統領が親友の崔被告に政府の機密資料を漏洩した罪についても有罪を認めた。

朴槿恵側の主張:昨年3月から勾留されている朴前大統領は起訴内容を全面否定しており、この日の公判にも出廷しなかった。

そしてこれから:朴前大統領の弁護士は判決を不服とし控訴する見通し。

NOW WATCH:モバイルゲームは今も急成長している