共和党は新たなオバマケア改廃案の採決を断念

Onebox News·

AP Photo / Jacquelyn Martin

スーザン・コリンズが明確な反対票の投票を明らかにした後、提案者であるリンジー・グラハム上院議員とビル・キャシディ上院議員はこの死にかけのオバマケア改廃案の採決を取りやめるよう指導部へ要請した。共和党の複数の議員及び補佐官は近くこの決定は発表されるという。

···

なぜ重要なのか:7年に渡る悲願の中、9月30日のデッドラインを前に法案を撤回する共和党は今後はこれまでの単純過半数の50票ではなく、通常の60票を必要とする。そして、52議席を支配する共和党は可決のために民主党の協力が必要となり、現時点で党内で50票を集められないことからヘルスケア改革はマケインやコリンズが主張する超党派での議論に移行する可能性が高いでしょう。つまりそれはオバマケアが死なないことを意味します。

次に来るもの:一部の議員らは来年の予算案を通じて税制改革とヘルスケア改革の両方で成果を手に入れたいと考えている。しかし、既に共和党の最大の焦点は税制改革へと向いており、彼らは税制改革にヘルスケア改革が加わることで混乱を招き税制改革に悪影響を与えることを懸念している。

アップデート:

NOW WATCH:右派の有権者はフェイクニュースを信じやすい