Instagram、今度はステッカー導入でSnapchatを追撃

Onebox News·

Onebox News

最近、IPO(株式公開)を果たしたスナップチャット(現社名はスナップ/ティッカーシンボル:SNAP)の最大の懸念の事項は同社の看板製品スナップチャットの成長が著しく失速していることだった。詳しくは以前の記事「スナップチャットの上場申請書から見える5つのこと」を見てほしい。その大きな要因のとなったのは徹底的な模倣にようスナップチャットからユーザーを奪ってきたインスタグラムだった。その、インスタグラムはこのほどインスタグラム・ストーリーズにステッカー機能(初期バージョン)をニューヨーク市とジャカルタ(インドネシア)で導入することを発表した

···

Snap Inc.

今回のステッカーの導入はその懸念事項に更に拍車をかける可能性がある。スナップチャットのストーリー機能を真似てスタートしたインスタグラム・ストーリーズは確実に成果を挙げ現在はDAU(デイリー・アクティブ・ユーザー)は1億5000万人に上り、スナップチャットの1億5800万人に迫る勢いだ。インスタグラムがストーリーズを登場させて以降、スナップチャットの成長は急激に失速した。(2四半期で82%の減少)このステッカーの登場は更に両者の違いを小さくしユーザーがインスタグラムに奪われる可能性がある。(スナップチャットのサービスとしての一番の問題はユーザー層の極端な狭さだ。インスタグラムは上手く同社の良い製品を模倣し彼らより幅広く使われている自社のユーザーに与えている。)

今回、インスタグラムがインスタグラム・ストーリーズに導入した初期バージョンのステッカー機能は殆どスナップチャットにあるものと変わらない。スナップチャットのステッカーを使ったことのある人は直ぐに使いこなせるだろう。これまでもステッカーはあったが(昨年12月に導入)それはニューヨークにいるかどうかは関係なく貼ることができたが、今回のステッカーはローケーション・ベースでありユーザーは使われているステッカーでそのユーザーが実際にそこにいることがわかる。

···

···

Instagram

直ぐに試してみたい?では、いまニューヨーク市、ジャカルタにいるひとは、ステッカーは写真やビデオ(動画)を撮ったあと、画面右上の一番左端にあるステッカー・アイコンをタップしてほしい。ステッカーが現れるので、好きな数のステッカーを追加し場所やサイズを変更しながらお気に入りの写真、あるいはビデオを作れる。

既にニューヨーク市とジャカルタでは12種類を超えるステッカーが作成されていてユーザーのいる場所やランドマークなどによって異なるステッカーが表示されることになるそうだ。インスタグラム曰く「ステッカーはそれぞれ、その場所の雰囲気などに合わせて設計されている。」ということだそうだ。ただ、前述の通り現在この機能はニューヨーク市とインドネシアのジャカルタでしか利用できないようだ。この2つの都市にいる人のインスタグラムにはこのアイコンが現れるので、それ以外の都市にいる人々はこれは広く開かれる日まで待つか、その都市を訪れる必要がある。

ステッカー機能の導入によりスナップチャットの最大の違いを持つ機能はARセルフレンズ(スノーなどのアプリを使ったことのある人は馴染みがあると思う。)を残すのみとなった。そして、おそらくインスタグラムにARセルフレンズが登場する日もそう遠くないのかもしれない。

NOW WATCH:ジンバブエはムガベ前大統領に全面的な免責を与える