トランプ陣営のリック・ゲイツは有罪を認め司法取引を行った

Onebox News·

via LA Times

ロシア疑惑を捜査するミュラー特別検察官によって訴追された最初の二人の内の一人でありトランプ陣営の幹部でもあると共に同じく起訴されたポール・マナフォート元選対本部長のビジネスパートナーであった政治コンサルタントのリック・ゲイツは最新の追起訴の後、自身の有罪を認めた。

ゲイツはアメリカに対する陰謀や捜査官への虚偽供述を認め、本来は57〜71ヶ月の禁固刑が求刑される見込みだが既に今後の捜査に協力することを誓う司法取引を交わしており刑期は短縮される見込みだ。ニューヨークタイムズはゲイツは妻と4人の子どもを守るために長年のビジネスパートナーであるマナフォートらと袂を分かち司法取引を決断したと述べている。

···

なぜ重要なのか:ゲイツはトランプ陣営の元選対本部長であるポール・マナフォートの長年のビジネスパートナーであり、彼はマナフォートや他の陣営幹部に関する証言をする用意があるとしている。特にこの証言はまだ無罪を主張するマナフォートにとっては大きな意味を持つでしょう。

マナフォートは:彼は昨年10月の起訴以来いまも無罪を主張している。しかし、捜査によって起訴された4人のトランプ陣営幹部の内マナフォートを除く3人は罪を認め司法取引を行い捜査へ協力している。

より深く知る:ロシア捜査で起訴のトランプ陣営リック・ゲイツが司法取引へ

NOW WATCH:マクロン新党の歴史的勝利が示すこと